スマホのアプリで自作のアニメーションを作ってみよう

PCはいらない?スマホで自作アニメーション!

まずアプリを手に入れよう!

アニメーションというと、滑らかに動くキャラや素材のイメージがあります。それがいくつかも連結し複数のシンボルが動き、音声や効果音を付け足したものが、私達がよく知っているアニメになります。このアニメーションは始めからシンボルが動いている訳では無く、細かに分割すると1枚1枚のコマが無数に重なり、それを動かす事でシンボルが動いている様に見えます。簡単に言うとパラパラマンガが、物凄く精密になって枚数が増えたのがアニメーションです。
アニメ―ションは本来、デザインと動かす為のプログラムが必要で専門の知識が必要でした。PCで多くのコードをプログラミングし、そのコードに合わせてシンボルが動くのですが、近年ではそれがスマホで出来てしまうのです。
ライトな部分に限りますが専門の知識は不要で、プログラミングも必要ありません。アプリを起動して直感的な操作をしていけば簡単なアニメーションが作れます。もちろんプログラミングをする方は自由度が高く細かな動きが出来ますが、コードになると素人にはハードルが高く感じてしまうのが難点です。また友人やSNSにアップするのが目的なので、そこまで手間をかけたくないという層からも大きな支持を得ています。
今回はスマホを使って簡単に出来るアニメーション制作方法、また必要な物にスポットを当てて紹介しています。すでに制作をしている方、そうでない方に役立つ情報を公開していますので参考にしてみて下さい。

そもそもアニメーションってどうやって作る?

PCでの作業が要らないといっても、スマホ単体だけではアニメーション制作は不可です。 ここではスマホでアニメーション制作をするにあたって、必要なアプリについて紹介しています。複数のアプリが必要ですので、使い勝手が良い物を選択する事をおすすめ致します。

素材はどこから用意する?

アニメーション制作の構成を考えたけれど、肝心の素材が見つからない。その場合は自分で撮影する、あるいはネット経由で素材を購入すると言う方法があります。 近年ではフリー素材も充実しているので、これらの素材をうまく使ってアニメーション制作する事も可能です。

もう少し凝ったアニメーションが作りたい!

簡単にアニメーションを制作出来る様になったのは良いけれど、出来ればもう少しカスタマイズをしてみたい。 そんなアナタにはコード編集をしてアニメーション制作がおすすめです。PCでの作業と同じですが、スマホを含むモバイルデバイスで編集出来るのが特徴です。

TOP